安倍晋三氏の無法治政治

あんなに、憲法改正をしたかった安倍晋三氏。実は、憲法違反の常習者だったのですよ。知ってたけど。

無農薬野菜の無料お試し定期コース

一番大きかったのは、司法を歪めたこと。
黒川検事総長では、安倍氏の守護神。任期延長の法改正まで企てたが、黒川氏の賭けマージャンが発覚して終了したという信じられない結末。
しかし、法曹界にいて更に最高権威にある黒川氏の違法行為もうやむやになったのは、安倍氏のお陰というか。。
また、友人である山口氏の犯した伊藤詩織さん準強姦事件をもみ消し、その功労として、中村格氏を警察庁長官に仕立て上げた。
彼自身の犯罪として、明らかになっている事柄に、下関で指定暴力団の工藤会に対立候補の選挙妨害を依頼し300万を支払っているのだ。ここからが面白い、いや面白くない。実は500万円の約束だったというのだ。それに怒った工藤会、安倍氏の事務所や自宅を襲撃し明らかになったという。
しかし、ここでも、彼の選挙違反それも反社とのつながりは、咎められることなく平然と国会議員を継続していたのだ。

犯罪が、野放しになると後は、腐敗しかない。そう、日本は、様々な方向から腐敗してしまっていたのだ。それも、安倍氏の祖父岸信介がもたらしたもの。他国が規制している世襲政治を終わりにしないと、無能な政治家が家業とばかりに、湧いてくることになる。世襲が政治家になりやすい選挙制度がそこにあるからだ。そして、優秀な政治家になりうるものが出てこないようになっているのだ。

その腐敗政治終了のわずかな光が、ともされたのが、オリンピック汚職。

文春オンラインで、逮捕された元電通、高橋氏が”絶対につかまりたくないから辞退したら、捕まらないようにしますと、安倍氏が言った。”と書いてある。安倍氏が存命の間は、JOC元会長であった竹田氏ですら逃げおおせていた。参照記事
こうやって、安倍氏は、犯罪を犯しても堂々と法で処罰されないように圧力をかけることができていたのである。これから、この国の膿が出てくることを期待する。

Society

Posted by Sachi