アメリカとプロパガンダ

2022年8月18日

第二次世界大戦は、日本軍による真珠湾攻撃で始まった。だから、第二次世界大戦の責任は日本にある。米国に今なお支配されているのは仕方がない。悪いことをしたのだから。米国による、日本人支配洗脳計画
しかし、違ったようだ。いや、知ってた。それに、今、初めて、ライブで戦争情報を手に入れることができる。それに伴い、英米のマスメディアの使い方を知ることになった。
戦時中は日本でもプロパガンダばかりだった。戦争には士気が重要な要素。始まってしまえば戦略として、ある程度は理解できる。しかし、始まる前から、戦争へと扇動していた朝日新聞は問題外だ。今も相変わらずプロパガンダ紙だ。
アメリカは、平時でもプロパガンダを使い、自国有利に物事を進める道具にしている。

真珠湾攻撃の真実


気付いている人も多いかもしれない。しかし、ことあるごとに、奇襲攻撃の代名詞になる”パールハーバー”。これは、アメリカが仕掛けたのだと言葉にした米国歴史学者ヒックス博士。
米国は、戦争をしたかった。しかし、日本は、戦争すれば悲惨な結果になることがわかっていて、どうしても戦争を避けたかった。よって、日本は交渉を求めたがルーズベルト大統領は拒否する。そして、交渉をしても、戦争回避のため、条件を飲むと更に条件は上がる。経済的包囲網の中、日本は開戦せざるを得ないところまで米国に追い込まれての真珠湾攻撃だった。
ここに、海軍情報局マッカラム大佐による、真珠湾攻撃を挑発した経緯の書類がある。

証拠を出してもなお、言い訳にするのかと言う人がいる。寧ろ、これが一般的ではないか。中には、責任を回避することで、戦争の正当化し、再度、軍国主義国家になることを懸念するものがいるかもしれない。

寧ろ、日本は、米国に対して、戦争責任を負う必要はないのだ。米国は、日本だけに戦争責任を押し付けtのだった。すべきは、経緯、責任を明らかにし、加害国へ謝罪すべきは謝罪し、再度、日本が軍事国家にならないように対策を打つべきではないか。

プロパガンダに加担していたジャーナリストの告発

(デジタル教育のランサーズデジタルアカデミー*無料カウンセリング受付中)


全ての真実を別のストーリーに変えてしまうプロパガンダ。今、ライブで見ることができます。実情と情報を照らし合わせれば、米英が何をしているのか一目瞭然です。プロパガンダを担当しているのが、英国諜報機関M16と米国諜報機関CIA。
CIAに雇われ、プロパガンダを書いていた独ジャーナリストが告発本を書きました。
これは、動画で本人の映像を上げることができないので、翻訳した言葉を伝えてくれています。彼は、英語版での出版の直前に急死しています。CIAによる暗殺ではないか言われています。

六花亭マルセイバターサンド


真実を語る故、投獄されたジャーナリスト


もう一人、真実を伝えるジャーナリストジャーナリストの暗殺計画+報道の自由の死☆Wikileaks
ウィキリークスの創設者アサンジ氏について書いています。彼は、”真実”側のジャーナリスト。米国が恐れる人であり、今、投獄されています。真実を伝えることで投獄されているのです。
彼が投獄された直接の理由が、米国の戦争の目的は、勝つことでも、安全保障上の問題でもなく、資金洗浄なのだと、だから延々と戦争を長引かせるのだとばらしたことだと。

ヒラリーメールにより明らかになった、米国のやり方


米国は世界の警察と言われていました。これは、ジャーナリズムにより作り上げられた嘘だった。戦争を作っていたのは米国だった。正確にはその背後にあるDS。現地にテロ集団を育成し、資金を提供し、暴動を起こさせる。政権転覆させ米国の傀儡政権を作る。資源国の驚きの豊かさ –ここで、書いているのは、リビアのカダフィー大佐をNATOが殺害した理由であり、それは、ヒラリークリントンのメールで明らかになりました。独裁政権から民主主義を取り戻すためという言葉は魔法の言葉。真実は、カダフィーが、アフリカ統一通貨を作る準備をしていたことを知り、米仏は殺害していました。今、真実を見極める目が個人個人に求められています。

日本によるアジア諸国への侵略も嘘だったのか?


ここで、第二次世界大戦の戦争犯罪は日本ではなく米国にあるとの証言を記載し、開戦についての責任、これは、様々な正式な証言からも明らかになっています。一方で、引っかかるのが、アジア諸国への加害です。これも、CIAによる自虐史観なのか、真実なのかは、まだ、確信の持てる資料は手元にはない。寧ろ、戦争体験談を聞くだけでも、”東亜民族の解放”というには無理はあるだろう。日本政府が戦争の経緯、責任を明確にし、謝罪するのは、日本国民やアジアの国々であり、アメリカではない。

オランダ元内務大臣エデュアルド・ヴァン・ティンは、米国による誤った自虐史観だと伝えています。東アジアの人々を解放したのだと。
彼ら、欧州はアジアを植民地化していました。その反省からでしょう。一方で、日本はというと、とってかわって侵略したにすぎないのです。しかし、今もなお、その功罪が議論になります。アジア諸国へは、罪ばかりなのか、功もあったのか、明確にし、謝罪すべきはして、第二次世界大戦を終わらせることが、アジア諸国から戦争をなくす第一歩になるのではないでしょうか。

⇦今なら31日間無料で見放題!!

Truth

Posted by Sachi