英語の幼児教育は必要か

2022年8月1日

ニューヨーカーの話。
「僕の友人、日本人だったんだ。だけど、すごく発音が良かったんだ。」
”だけど”と来ました。
日本人は、やはり日本人なまりが消えないのです。
ネイティブ同士の会話は聞き取りにくいとも言います。


出張でアメリカに滞在していた時です。
同僚が、電話で話をしていました。
関西弁だったので、日本に電話してるとずっと思ってました。
しかし、内容が理解できないのです。
英語でした。関西弁の英語でした。
何の問題もなく通じていたので、いいんですがね。

ニューヨーカーの話にもどります。
「3歳までお父さんの仕事でアメリカに住んでたらしいんだよ。
勿論、3歳で英語が話せてもしれてるし、帰ってから、全く話せなかったんだ。
でもさ、ニューヨークに来てから、話せるようになると、ネイティブと変わらないんだ。
耳だよね。音を覚えてるんだ。大人になるともうできない耳が、3歳でできてたんだよ。」

ということでした。
英語の勉強を散々やってきて、英語も得意だったという人でも、何年いてもアメリカ人同士の
会話を聞き取るのは難しいらしいのです。

彼曰く、幼児の間にネイティブの音に慣れさせる、英語耳を作ることが大事らしい。
幼児教育という堅苦しいものではなく、何かができるようになる必要はない。
英語の得意な人たちは、洋楽や洋画がとても好きで、何度も繰り返し歌ったり、見たりして
英語を覚えたという人も少なくないです。

じゃあ、その幼児期にできる耳はどうやって作るのか?
ということですが、海外に滞在するか、日本で音に触れさせるかということになります。

可愛い絵本を見つけたので、載せておきます。


世界中で愛されている英米のベストセラー絵本の中から 厳選した絵本とAudio CDのセット WORLDLIBRARY ENGLISHシリーズを発売

世界中で愛されている英米のベストセラー絵本の中から 厳選した絵本とAudio CDのセット WORLDLIBRARY ENGLISHシリーズを発売


教育&生き方

Posted by Sachi